上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
在馬日系企業は、日本人会に所属し
寄付をしていること。とその子息。
新規進出企業は20000RM/1人支払わなければ
日本人学校に入れないかった。

なので、起業されてるご家庭には負担だろうなぁ。
と思っていました。去年我が家もインターと学費を検討するにあたって
2013年秋ごろ、JSKLに電話してみたら、日本人の事務の方が出られて
「現地採用の方は寄付金要らないです~」っていわれたので
安心していたのですが、変わったみたいですね。


2014年度入学からは、公平性の観点から
日系企業に属さない自営OR企業、現地企業勤務、
MM2Hの家庭等が増加中で
これらも一律5000RM/1人となると。


インターだと1学期分の学費をデポジットとして
4500~12000RM(学校による)入学時に収めますけどこれは後で帰ってきますね。
JSKLは寄付金ですね。

インターはしょっちゅう学費上がったり多いですけど(ローカルの幼稚園も、、、。)
JSKLはそんなしょっちゅうは学費上がらないですね。
セプテの日本人会幼稚園は去年学費改定があったと伺いましたが。

5000RMだと、こっちのデスクワークの給与1ヶ月分程度になりますけど、
現地採用家庭にはちょっと負担が大きい、、、
父母どちらかがマレーシア人と結婚していてのご家庭だと
結構厳しい、、、額になると思うのですが。

学費的には東京の私立小学校に行かせている感覚ですね。
学用品も日本に帰って購入するか、マレーシアでも販売はあるようですが
とても高いと先輩ママさんが教えてくださいました。

今回の値上げで日本人にルーツがあるなら
誰でも入れてくれるってわけじゃないっていう印象を受けました。
義務教育を海外で受けるのはお金が掛かりますね。

日本にいたら、田舎でも何でも

小学校までは+医療費タダ(中学までもあり)
児童手当て +13000~15000円×人数
東京公立小 約150000円

マレーシアでインターや日本人学校に入学させると、
インターも一番学費が安いところでも、
1学期4500RMぐらい。

日本人学校は

JSKL 寄付金だけで5000RMかぁ。さらに入学金2000RMとPTA会費に学バス代。
そして月の授業料。
ランドセルやピアニカや算数セット、ひいては入学の礼服などもお母さんたちが、
どうにかして用意しなくちゃいけないものねぇ。
これはたいへんだ~。
そのうち塾なんかもいかせないといけないだろうし、、、。

JSKLに通わせているお母様方も、
日本の大企業のご家庭なら公立感覚で通わせられるだろうけど
中小企業のご家庭は、バス代や日本人会の会費は会社で持ってほしい、、、
って話も良く聞くし、、、。

ただ日本人学校のいいところは、
学費がじゃんじゃんあがらないこと。
マレーシアの中の教育設備としても実際見に行ってみてすばらしいこと。
JSKLの図書館は世界中の日本人学校の中でも蔵書数がトップ。
をかんがみると、やっぱり魅力的かなぁ。

海外の日本人学校って、絶対評価じゃなくて、いまだに相対評価で
内申を気にするご家族は受験の一年半ぐらい前に、帰国(転校)するっていうお話を
聞いたのですが、これって本当なのかこんど検証したいと思います。 
もし、JSKLがどちらなのかご存知でしたら、ぜひ教えてください。


日本には内申書の提出が必要でない私立校も増えているみたいですけどね。 

本年もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村



現地採用マミーに愛あるコメントをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.01.03 Fri l 子育て l コメント (2) トラックバック (0) l top
もうすぐクリスマスですね。
ツリー(15RM=\300)にオーナメント(1パーツ3RM=\90)も飾ったし。

就労開始日までお休みをいただけることになったので
スクールホリデーとさせていただき、短い間ですが
子どもたちと日がな一緒にすごせることがとても嬉しいです。

しかしすぐに男児2名の体力を持て余し・・・。
これは、、、毎日の計画的な行動なしに息子らとの休日エンジョイも無い!
と思って。

クリスマスの飾りなどをハンドメイドしています。
子どもと過ごすためのDIYサイト(英語ですがとても簡単!)
http://theimaginationtree.com/2013/11/30-diy-gifts-make-kids.html


まずダイソーで購入の紙粘土を
クリスマスっぽい形で抜きます。

そしてビーズなどで飾りつけして、乾燥させます。
オーナメントにしたければ、やわらかいうちにストローなどで穴をあけて。

2歳と5歳にこれだけで母は力尽き作業は翌日へ。


乾いた翌日、絵の具で色をぬります。
色塗るだけでケンカしないで~♪
IMG_1605.jpg

また力尽きてしまったので
そのまた翌日同じく100均で購入の毛糸と
ビーズを時々通しながら、飾り付けます。
IMG_1602.jpg


やった!クリスマスには間に合いそう!!!


↓マレーシアでクリスマスを過ごされるランキングはこちら!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村



現地採用マミーに愛あるコメントをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.12.21 Sat l 子育て l コメント (2) トラックバック (0) l top
マレーシアあんぐりというかエラーというか。
突然サプライズが起こります。

だいぶ前の話ですが、次男の通っていた
居住地域で古くからあるTASKA(0-3歳児用の保育所)
前予告ゼロで閉園しました。

理由はいくつかあって、
手足口病の流行がずっと続いていた(うちの子も2ヶ月で2度掛かりました)

TASKAが少ないので、コンド居住以外の預かり児童が増え、
セキュリティ上、問題になっていた。

それでも保育園のオーナーはうまいこと経営を続けていたのですが
コンドのマネジメントが、住人によるたび重なる苦情により
出て行ってくれ保育園。となったようです。

しかもこのマネジメント、無理やり保育園を閉園させるために、
当時流行っていた手足口病を衛生面の不行き届きだとして、
お役所にチクってしまったみたいなんですね。


そしてお役人によるチェックのために子どもたちを早く引き取ってほしい
と1日目。

消毒是正指導があったので、保育園閉めますね2日目。

そして3日目には閉園。でマネジメントはガードハウスに出張ってまで

知らずに預けにきた親子の車を、シッシッしに来たそうです、、、。

やな感じ、、、。

仕事があってデイケアに子どもを預けている母親たちは怒り心頭でした。

デポジット返してほしいですね。


現在、保育園は違う場所にて営業を再開しているのですが、

オーナーが低年齢児の預かりを恐れたか、あきためたか、

2歳以下のお子さんは一切預かってくれなくなってしまい、

知人も困り果て、日々シッターさんさがしに奔走していました。

また、そのコンド方面からもベビーシッター募集の悲痛な声が聞かれます。

いいシッターさんなり預け先が見つかるといいのですが、、、。

子どもにやさしいマレーシアですが、こんな事件もありました。ということで、、、。


おかげさまで週間アクセス数が4桁になりました。ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


アジアを舞台に働く母へクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.12.09 Mon l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
来年の春にはうちの息子は
日本人学校ならピカピカの一年生なんですね。
初等教育がいよいよ始まるわけです。

見学がてらつれていったインターでも
面接の結果「ある程度いいたいこといえるし、会話も理解してるみたいなので
いつでも入学OK」といわれていて、保留となっております。

父方の家族が国際結婚していて、従兄姉が3人アメリカで育っています。
おばが育児の奮闘の結果、第一子こそ初め日本人学校入れたり
長期休みを利用して、日本の私立にサマースクールみたいに入学させてもらって
通ったりとかしていたみたいです。

彼はアメリカ国籍でアメリカの大学を出たけども、
レッドソックスとアメフトとへヴィメタ以外の趣味は
日本の文化が好きで、今は日本人女性とアメリカで出会って、アメリカで産み
日本で子育てしています。

お子さん(3世)は家庭で徹底してバイリンガル教育。

父は英語、母は日本語物心ついてきたときに、
息子「お父さん日本語話せるんでしょ!」
娘「私は心は日本人だから、もう英語は要らない!」など
心を痛めるような場面もあったらしいです。

息子さんは中学受験がんばって超有名私立校に進学しました。すごいなー。
すごい勉強させていて「かわいそう」と従兄はいっていましたが。

他の従姉妹は小学生くらいに、週末の補修校に通っていましたが、
いまはほとんど話せません。アメリカ社会に馴染んでアメリカ人と結婚しました。
育児も子育ても仕事の後のスポーツもばりばりこなし充実した人生です。

そんな家族が小さい頃から夏休みにうちにやって来て、
一緒にスターウォーズ見たり、TDLに行ったり、
アメリカが不況のときは就職探しに来てホームステイしていったり

彼らの人生を見て思うのは、
人生って、言葉とか、国とかじゃないんじゃないかなー。
と思います。

ただ技術力、や製品の質の高さ。彼らが日本のスカイラインをすごく好きだったり、
日本の漫画やお菓子がすごく好きだったり。

そういうのってやっぱり
日々の日本人の人たちの手先や工夫や苦労の働きがベースになっていると思うんです。
子どもが将来望むなら、そういうものを考案できたり、手に入るようにはしておきたい。

この原発や地震や経済の不安定さの混乱の果てに
高齢化の先に団塊の世代も入れ替わり、もっと人口の少ない世代に
バトンタッチしたときにその後もその質を維持していけるのでしょうかね。

それともそんな便利なものは不要になっている世の中でしょうか。

うちは夫婦が日本人である以上、子どもが将来日本語を話し、日本人であることが
長所であるように育ってほしいですが、

あと、単に息子が日本人学校気に入っているのですが
インターに入れた場合、日本の義務教育を捨てなければいけない。
これは重い決断です。

悲しいことですが、日本の私立の学校の中には、東南アジアのインター等帰国子女を
帰国生として認めない学校もあるそうです。どんだけ西欧コンプレックスなんでしょう。
また、インターに入れたあとに、日本の公立校に通わせたくても
自治体が嫌がるというケースもあるんだそうです。
本当に悩みます。

ここをさくっと決断できる親御さんたち尊敬します。

今の日本では、私たちが日本の頃に義務教育や日々の生活で得られたものは、
すでにもう得られないような気もしています。

マレーシアに来て働き始めてからは、日本の移ろい易く、狭い島国の中に
多様な人たちの住んでいるあそこでしか、日本人は育たないのかな?とも思います。


大きくなってしまえば、結果に満足できることなのかもしれません。

日本にいたころは専業主婦で、その環境がいかに恵まれていたものかわかります。
うちは起業するほど今はアイデアもお金もないですが、

現地採用で子ども育て上げられるの?無理じゃないの。と駐在さんから言われたことがあります。
こっちでの日本人の仕事は確かに、こっちの日本人にしかできない仕事も確かにあります。
現地採用って言葉自体、日本的な考え方な気もする、、、。

マレーシアではマレー人の優遇政策が多いかもしれませんが。
インド人や中国人の移民の1世は苦力といってそうやってがんばってきて
マレーシアはそれを受け入れてきた。

うちも先のことはわかりませんが、
今はマレーシアの社会に子ども混ぜてもらって、税金などきっちり支払って
2馬身でひたすらがんばっていきます。

ぜひコメントや参考になるトラバお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

現地採用マミーに愛あるコメントをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.11.04 Mon l 子育て l コメント (9) トラックバック (0) l top
息子が通っているマレーシアのローカル幼稚園は、
詰め込み勉強をしないモンテソーリ式の幼稚園です。


まるで自宅のように子どもを保育してくれるのが魅力です。
のびのび保育ですが、
毎週金曜には、芝生の園庭でプールに入ったり
園庭に花の種を植える園芸をしたり
寒天でゼリーを作るお料理なんかもしてくるのです。

母の日や、ハリラヤには行事に沿った製作物を持ち帰ってきます。

私はそこでフルデイケア(保育園のように夕方までの預かり)
をお願いしているのですが、

下の子の中華系の幼稚園は外で買ったものを食べさせることも多いようですが
こちらの園ではお昼ごはんも園で先生たちが作ってくれるし、

おやつも作ってくれるんです。持ち帰ってくることもあります。
そのときは私もいただいたりします。

これはラドゥ(Laddu)といって南インドの代表的なお菓子。
images.jpg

そして昨日は「ママー先生からだってー」
バナナフライでした。
IMG_1024.jpg

もちもちしてとってもおいしい衣!
タピオカ粉かなにかかな?そのうち聞いてみるつもりです。

お問い合わせはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

現地採用マミーに愛のポチをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.10.12 Sat l 子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。