上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ELC

ブログ村ランキング、マレーシア情報に参加されている方に
マレーシアの便利な情報についてわかりやすくまとめてくださっており、
いつも拝読させていただいていたのですが。
なんとマレーシアのインターの卒業生だということなのです。
しかも今、我が家で熱く候補に挙がっている学校です。

一部口コミでは学費もリーズナブルということです。
※うちのコンドにはスクールバスも来ております。

「ぜひともELCの特集を!」とずうずうしくもお願いしてみたところ!
なんと!

マレーシア ライフスタイル
ELC インターナショナル・スクール
http://ameblo.jp/malaysia-lifestyle/theme-10061219676.html

というトピックで記事にしてくださったのです~☆
感激です。

マレーシアにて、質の高い教育と、インターナショナルスクール、
そして、それをリーズナブルな学費で実現したい。

ELCも視野にいれるぞ!という父兄の方々は必読です!!!
うちも考えてます。という方はポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.11.05 Mon l インター l コメント (2) トラックバック (0) l top
そもそもマレーシアに来た理由のひとつとして
無論教育水準が高い!ということに興味を持ったのですが。
うちの長男は来年秋に5歳でこちらの小学校に入学します。
早いうちになれたほうがいいなと思い切ったのも理由のひとつでした。

GIISというインド系インターも候補に入っていて
(ケンブリッジ式、インド式CBSE-i、)
そこに近いということと、日本にも分校がある。
とりあえず、通学できる範囲で今の住まいを探しました。
ここは日本人の方にも人気があるようで見学者も増えてきているようです。

しかし、現地の生の声を聞いてみると、
コンドのnerseryのインド人の園長先生が、
「GIIS、確かに学費安いわね、だけどあそこは人数が多すぎて
子どもにぜんぜん目が届いていないからダメダメダメよ!お勧めしないわ。」

とのご忠告。んー日本にも分校があるし、いざ帰国しても続けられそうでいいかな?
と思ったんですが。先生も上のお子さんがまだ6歳で、
クアラルンプールのインターはほとんど見学されたそうです。
学費・カリキュラム・スクールバスの便を考え、

スンガイブローのELC(ケンブリッジ式)にお子さんを通わせているそうです。
彼女が言うには学費はGIISよりも安く、
下の子もいるのですが、もちろん兄弟割引もあるとのことでした。

ただ最近は日本人学校も候補に入りつつあります。
やはり学校では長い時間過ごすわけですから
生粋の日本人として基礎ができあがりますよね。やっぱりこっちに着てみると、
中身は勤勉実直で創意工夫あふれる日本人ってステキだな・・・とも思ってしまいます。
現在の日本の文部省の方針には賛同いたしかねますが。
具体的にはゆとり教育だとか、給食で「食べて応援」とかですかね。

従兄姉が3人、米国人で生まれ育っています(私の日本人のおばがアイリッシュ系と結婚)
3人ともローカル校で、一番上だけが日本人学校に小中通い、長期休みには日本の私立校に短期留学したり、下二人は日本になじまず週末の補修校のみ。
いまでは日本語少し聞ける程度ですがネイティブとしては文句なしのキャリアウーマンです。

親日で育った一番上は日本人と結婚し日本の外資系で働いております。
だから、兄弟でも興味の向き不向きってあると思うのです。
一人前に育って欲しいな。うちも。

さらに近くのBangsar方面、車道沿いに
幼稚園から上の学校まで一緒になった中華学校もあるので気になってます・・・。

近々、見学に行ってみたいと思います。
クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
2012.10.30 Tue l インター l コメント (7) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。