上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
マレーシアに生活していると、
おそよ北米では聞いたことの無かった英語表現を
耳にする機会があります。

用法が、まったく???なので初め「えっ!?」と思うのですが
慣れてきて、心の余裕を持って聞いてみると、
へぇーそういうことなのか。と思います。

これは
マレー語+英語で、マングリッシュとか、

おとなりシンガポールの影響受けててそちらでは
シングリッシュとかいわれているみたいです。

要は中華系の中国語の文法や表現に英語の表現をかぶせていって
定着したピジン化した言語らしいんですが。

とにかく仕事上でも出る。

王道のネバーマイン!

一般的な用法 →“I'm sorry."—“Never mind."
「ごめんなさい」「気にしないで」.


マレーシアでよく聞く用法→やらかした本人“Never mind!

ef: 早朝などに捕まえたタクシーの支払い時に50RM出す。
運転手、朝イチの客に用意のつり銭が無い。

運転手 “Never mindラ!" 
客   “I mind! ヽ(゚Д゚#)ノ"

もちろんマレーシアでの日常は正しい用法の
優しさたっぷりのNever mind! が中心です。

これが出ると新喜劇よろしくずっこけそうになりますね。


彼女はいまオフィスにいません。

一般的用法 →She's out right now.

マレーシアでよく聞く用法→She's out station. [of すら省略]


メールによく使われているKindly...

Please kindly attached file.(添付ファイル参照ください。)

"Please kindly~"という表現は適切ですか?OKwave.
http://okwave.jp/qa/q3983669.html


kindlyって、他人から見たときの視点で使う気がしますが、
シンガポールとマレーシア、日本人の人も、ご丁寧に入れてきますね。
へりくだってる表現で定着しつつあるのだと思いますが、
TOEICの教科書でもこの表現はみたことないしー。
英語でもきかないしー。

アジア独特の丁寧さを出す表現なのでしょうか。



○○だから~なのね。


通常の日本人→So That を頻発。
We focus number so that we need more sales results.
(もっと販売実績が必要なので、数にフォーカスします)

ネイティブ
初耳の話題→because,However,(北米ではAsを良く聞いた気がする。)

マレーシア→That's Whyを頻発。

That's why I told you.(だからいったのに)
That's why I late.(だから遅れました)

言葉は生ものですので地域で使用法が変わるのは当然のことですね。

まかしとき!というときの相槌。

Could you make five copies? 5部コピーしてもらえる?

まぁ一般的な言い方→Sure! (もちろん) No problem.(お安い御用)

マレーシアでよく聞く表現→OKKKKKKKKKKK!

しかも私はこのOKKKKKKKKKが大好きで

すでに極自然なOKKKKKKKKKユーザーになりつつあります!

ちなみにカタカナで書くと おけけけけけけけけ! こんな感じですw

あるあると思ったらこちらをポチ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村



現地採用マミーに愛あるコメントをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.12.30 Mon l カルチャー l コメント (0) トラックバック (0) l top

もうすぐマレーシアも選挙が近づいています。
マレーシアに住んでるのにぜんぜん興味ない。という方のために
超簡単に説明してみたいとおもいます。

下記画像のとおり、現政権はテンビンの旗。

マレー系の政党です。日本の自民党よろしく
50年間ずーっとこの政権で来ていて、
先住の農耕系先住民、マレーシアの7割を閉めるイスラム系の人々の支持です。
fla1.jpg

ただ、50年これできてますが
現在のマレーシアは、マレー7、6割、中華2~3割、インド1割の
他民族国家です。

おなじ国民なのに、公務員から、家の値段から、インターの費用から
国立大学の枠にいたるまで優遇しすぎ!とマレー以外の国民は我慢の限界?
というのも経済はマレーシアの長者の8割は中華系。
要はマレーシア人は法律・政治に守られていて、経済的には自立できているか?

対しましては、下記の新・連立政権が
今選挙にて打倒をねらいます。

アンチ・現政権のマレー系モスリムの党
images1.jpg

ロケットマークの中華系の党
Flag2.jpg

インド系の党
flag3.jpg


追い込まれる現政権のナジブさんです。
私はナジブさんのやんごとない表情、好きだな~!
Najib.jpg

職場の中華系の同僚に一喝されました。
「何いってるのよ、あなたナジブの妻見たことあるの?
顔はボトックスすごいし、髪は手入れしすぎて、
蝿も一度迷い込んだら出れないほど盛ってるし
オーストラリアで大きな真珠のネックレス買ったり
エルメスのブランドバッグ買いこんで、バッグなんて、それこそ日替わりよ!
ファーストレディとして最低よ!

マハティールの奥さんは慎ましくてよかったわ!」


そのナジブさんの奥様がこちらです。うーん。
najibwife.jpg

お隣インドネシアの元首相の奥様のこの方の顔が
浮かんだのですが笑。
devi.jpg
どうして、東南アジアのファーストレディーの奥様たちって、マテリアルガールが多いのでしょうかね。

「で、投票日いつなの?」

「知らないわよ!決まってないのよ!!」

「は?」

This is Malaysia.
こんだけ騒いでてもまだ投票日が決まっていないとは!?驚きです。


ちなみにもし、この選挙で、現政権が倒れた場合は、
暴動もあるかもしれないので、万が一のために、しばらくの食料や生活用品の
買いだめしといたほうがいいよ。と真顔で忠告されました。

まぁ。現政権が倒れるかはわかりませんが。


ひとつ賢くなったという人はポチ!コメントも励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

現地採用マミーに愛のポチをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.04.06 Sat l カルチャー l コメント (0) トラックバック (0) l top
大学で専攻したのは社会学の文化人類学とか
いわゆる文系でもっとも食いつぶしのきかない?学問でした。

それでも高校時代から結構、多文化主義とか自文化主義とかならって
とっても興味をもっていたので、自分なりに行くべくしていったのかもしれません。

文化人類学とはいいながら教授が大変厳しく、フロイトから始まっての
自然科学哲学心理系の学問の歴史をゼミで叩き込まれつつ
自分も大学3年の冬に北米へ留学したり
海外にいる日本人に興味が移って行き、
海外でがんばる日本人に興味がわくようになりました。
そして卒論は海外の日本人移民論みたいなのを書きました。

こういうのは先に無くなられた経済アナリストの邱 永漢先生や

日僑の時代―世界の富をもたらす新しい伝道者たち日僑の時代―世界の富をもたらす新しい伝道者たち
(1995/11)
邱 永漢

商品詳細を見る

オーストラリアの大学で教鞭をとられている杉本吉夫先生
「日本人」をやめられますか (朝日文庫)「日本人」をやめられますか (朝日文庫)
(1996/06)
杉本 良夫

商品詳細を見る
の著書にも詳しいです。

時はながれ、自分も海外に子連れで飛び出すことになるとは想像だにしませんでしたが。

今はマレーシアがさまざまな年代の人々の移住先として
大変人気があるようですが

日本移民について多少知識があるものとして
気をつけなければならないことが一点だけあると思います。

日本の歴史から見て、短期間に多数の日本人が嬉々として海外に出た後、
日本に帰れなくなることを予想したほうがいいです。

なぜなら、たびたび日本の政府というものは
海外にでた日本人に対して「棄民」籍がないもの知らないよ。
という。血統主義の国にはあるまじきことをしてきてます。

ブラジルにいる日系人、シベリア抑留、アメリカやカナダの西海岸にも
棄民にあった日本人の歴史があります。

鳴り物入りで「いい国いい国」ってもてはやす媒体(テレビや業者)が
花盛りになっている後は要注意です。追い出すだけ追い出して、
あとは現地で奴隷にされようが、風土病に苦しもうが、知らん顔でした。
大体その後には大きな戦争などがあって、そういう人たちの存在は国内からは
うやむやになってしまい、海外に出た日本人は、島流しも同然なのです。

何がいいたいかというと、後ろは振り返らず、
日本というすばらしい国を愛し、誇りに思っても、
一度国をでたらパスポートを持っていたとしても、すべては自己責任です。

また先に言った先で暮らしている日本人とある程度
うまくやることも大切なのではないかと思いました。

長く住んでいる人ほど、その国のいいところも悪いこともたくさん知っているものです。
同じところに住む人どうし、日本人らしく思いやりをもって住めたらいいですね。

ポチはげみになります。コメントもたのしみにしております。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

現地採用マミーに愛のポチをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
2013.03.18 Mon l カルチャー l コメント (4) トラックバック (0) l top
マレーシアは、モスクを模したツインタワーに象徴されるように
イスラム文化がメインです。
twin




これは、立ち寄った内科クリニック内の写真・・・。
ヒジャブ(マレー系女性の被っているあれ)を
かぶらないとこうなるよと。興味深いです。
ヒジャブ




電車KTMの中での禁止事項。
manar


タバコ・飲食・ゴミ捨てる・ガム付ける・危険物・ペット同伴・・・までは日本と同じですね。
恋人たちがイチャイチャするのまで禁止してくれてありがとう。
東京メトロやJR東日本もぜひマナーとして採用してほしい。
あ、でもホーム上でイチャイチャしているのは結構見かけます。



シルディ・サイババ。
日本人の良く知るサイババとは違うそうな。
すでになくなっていますが、たくさんのインド人の信仰を集めているそうです。
インド人タクシーの運転手さんがこの人の写真を車内に飾っていました

人間としてすばらしい方で、シヴァの生まれ変わりだそうです。
シヴァといえばヒンドゥー教ですが、シルディ・サイババはもともとは
イスラム教徒なんだそうです。
シルディサイババ

このタクシーの運転手さんの奥さんが、信仰していて
ご主人の安全運転を祈って貼ってあるそうなw
インド系の人もモスリム多いんですね。

この間BrickFieldsのSuriKotaというスーパーでふつうに
豚ハムとベーコンかえたので。意外でした。

クリックしていただけると励みになります ゚+.(´∀`*).+゚.
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
2012.10.10 Wed l カルチャー l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。