上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大学で専攻したのは社会学の文化人類学とか
いわゆる文系でもっとも食いつぶしのきかない?学問でした。

それでも高校時代から結構、多文化主義とか自文化主義とかならって
とっても興味をもっていたので、自分なりに行くべくしていったのかもしれません。

文化人類学とはいいながら教授が大変厳しく、フロイトから始まっての
自然科学哲学心理系の学問の歴史をゼミで叩き込まれつつ
自分も大学3年の冬に北米へ留学したり
海外にいる日本人に興味が移って行き、
海外でがんばる日本人に興味がわくようになりました。
そして卒論は海外の日本人移民論みたいなのを書きました。

こういうのは先に無くなられた経済アナリストの邱 永漢先生や

日僑の時代―世界の富をもたらす新しい伝道者たち日僑の時代―世界の富をもたらす新しい伝道者たち
(1995/11)
邱 永漢

商品詳細を見る

オーストラリアの大学で教鞭をとられている杉本吉夫先生
「日本人」をやめられますか (朝日文庫)「日本人」をやめられますか (朝日文庫)
(1996/06)
杉本 良夫

商品詳細を見る
の著書にも詳しいです。

時はながれ、自分も海外に子連れで飛び出すことになるとは想像だにしませんでしたが。

今はマレーシアがさまざまな年代の人々の移住先として
大変人気があるようですが

日本移民について多少知識があるものとして
気をつけなければならないことが一点だけあると思います。

日本の歴史から見て、短期間に多数の日本人が嬉々として海外に出た後、
日本に帰れなくなることを予想したほうがいいです。

なぜなら、たびたび日本の政府というものは
海外にでた日本人に対して「棄民」籍がないもの知らないよ。
という。血統主義の国にはあるまじきことをしてきてます。

ブラジルにいる日系人、シベリア抑留、アメリカやカナダの西海岸にも
棄民にあった日本人の歴史があります。

鳴り物入りで「いい国いい国」ってもてはやす媒体(テレビや業者)が
花盛りになっている後は要注意です。追い出すだけ追い出して、
あとは現地で奴隷にされようが、風土病に苦しもうが、知らん顔でした。
大体その後には大きな戦争などがあって、そういう人たちの存在は国内からは
うやむやになってしまい、海外に出た日本人は、島流しも同然なのです。

何がいいたいかというと、後ろは振り返らず、
日本というすばらしい国を愛し、誇りに思っても、
一度国をでたらパスポートを持っていたとしても、すべては自己責任です。

また先に言った先で暮らしている日本人とある程度
うまくやることも大切なのではないかと思いました。

長く住んでいる人ほど、その国のいいところも悪いこともたくさん知っているものです。
同じところに住む人どうし、日本人らしく思いやりをもって住めたらいいですね。

ポチはげみになります。コメントもたのしみにしております。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

現地採用マミーに愛のポチをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.03.18 Mon l カルチャー l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

勉強になりました
はじめまして。息子はまだ2歳ですが、いずれクアラルンプールに母子留学するか?などと夫と話したりしています。

移民の歴史について、棄民、という言葉すら知りませんでした。

アメリカやブラジルは確か出生地制なので、子孫はアメリカ人、ブラジル人になれますが、血統制の国にて棄民となった場合は、どうなるんでしょう。

本の紹介もありがとうございます。
これからも応援しています!
2013.03.18 Mon l tommy. URL l 編集
tommyさん
書き込みありがとうございます~!恐縮です~!

不安定な世の中なので、どんなときも最悪のケースは想定しておいたほうがいいかもしれませんね。

息子さんにとってよい移住になるといいですね。
2013.03.19 Tue l purinecos. URL l 編集
たしかに・・・
こんばんわ。

私も最近のメディアによる異様なまでの
‘海外移住のススメ’気になっていました。
有事により、国に見捨てられたり、国に帰れなくなる等、
今の日本には、十分すぎるほどそんな可能性がありますよね。

私も在馬ですが、定住できる場所を探すべきなのかなと時々、
考えてしまいます。
2013.03.25 Mon l K.L住まい. URL l 編集
KL住まいさん
脅かすようなことを書いてごめんなさい。

歴史にまなぶとしても、海外での日本人は弱いです。

マレーシアにも日本人は侵略してきています。他にロシアなんかも着たみたいですが

「オレは日本車好きだけど、親父は日本が好きじゃないんだ」って

マレー系のタクシーの運ちゃんに言われたことがあります。

あらかたマレーシア人の日本人への見方ってこんな感じなのかもしれませんね。

2013.03.26 Tue l purinecos. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gardenia116.blog.fc2.com/tb.php/112-44ad61a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。