上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
マレーシアで働き始めて、すでに1年が経ちました。
現地採用の同じ立場の知り合いとのお付き合いもひろがって
いろいろなお話を聞ける機会が増えました。

仕事楽しそう~!と思う企業や
あー!普段お世話になってるあの会社かあ!等
聞くと嬉しくなりますね。

実際には、駐在さんと現地採用の立場の違いに
不満を抱くような人はおらず、それぞれに役目とそれに応じた
報酬や役得があると理解されている人ばかりですが



反面、皆さん抱えてらっしゃるのが

会社内での職業による差別

それを当然としている社内の風潮

あからさますぎる!という会社もあって驚きます。

応募時と雇用後の給与や待遇の変化

(詐欺的といえることも日本国内以上にまかり通っているのも現実)

吹けば飛ぶほど弱い立場。

プラス、日系企業でにお勤めであれば、日本人は残業を

要求されることはよくあるようです。

これが残業で、きちんと給料に反映されていれば、まぁわかりますが。

同じ日本人も、マレーシアで雇用したら、奴隷なんですか?

・・・という会社のお話も聞きました。

まぁ、こういう例は、

マレーシアの人材省
Kementerian Sumber Manusia (KSM)[Ministry of Human Resources]
※クリックすると飛びます。
に出張っていって、しかるべき部署で相談すればいいのだと思われます。

または法律家通して裁判とか
ふつうここまでしたくないですけどね、、、。

こういう話は悲しい現実ですが枚挙に暇がありません。

問題が発生する原因は、

まず現地採用がただの個人であり、

雇用を切ってしまえば会社に何も残らないということ。

またマレーシアの司法にまで問題を訴える人が少ないので

ほぼ泣き寝入りで、会社はダメージを受けにくい。

相談できるところも少ない。これが一番の問題ですね。

ではどのように解決できるか?

社内での雇用的問題がブラックボックス化したり、

あとは点在している個人に力がなく守るような機能が無いのが問題ですから

組合があるといいなと思いました。

去年の選挙時に外国人労働者の組合の演説をマレーシアの番組で見たことがありますが

ああいうの、日本人でも加入できるんですかね?

また、そんな組合でなくとも、

マレーシアで働く日僑たちのためにサイトがあれば、

ブラックな会社、優良な会社の情報交換が積極的になされ、

結果的に改善されるのではないかと思いました。

参考になれば嬉しいです。出口はこちら。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村



現地採用マミーに愛あるコメントをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.01.15 Wed l 仕事 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
初めてコメントします。辛口コメントかもしれませんが・・・

<会社内での職業による差別。それを当然としている社内の風潮>
恐らく在マ日系企業のことを言ってるのでしょう
か? 現地採用とは言ってもピンからキリまで色々です。 専門職・または豊富な経験と語学力があれば何も日系でなくても外資やローカル系で仕事を得る事ができ、自分の能力も発揮、報酬や待遇、昇進もそれなりになります。

日系に勤めていて中途半端な経験や能力のある方が「待遇が悪い、給料が低い」と嘆くのはある意味おかしいのでは? 現地採用の方は他に良いオファーがあれば転職してしまうリスクが駐在員よりも高いので、どうしても企業側もそれなりの対応をせざるを得ないと思います。
実際管理人さんも最近転職されてますよね?


<応募時と雇用後の給与や待遇の変化>
もし採用条件と実際の待遇が違うのなら、その書類を基に会社「に」直接訴えるべきです。 それは契約違反だから。 でなければ、不平を言いながら我慢するよりも自分の能力に応じた他の就職先を探すべだと思いますが。
2014.01.15 Wed l 辛口コメント. URL l 編集
>辛口コメントさん
辛口コメントさん。
大変参考になるコメントをありがとうございます。

ここには、友人の現地採用の知り合いの意見を吸い上げて記事を書きました。現地採用について、ネガティブなことを記述していることはほとんどないので、あえて書かせていただいた次第です。

個人の能力云々について申し上げるつもりはありません。会社や組織というのは、いろいろな能力の人の集合ですし、終身雇用制度は少なくとも私の世代には一部を除いて終わっています。

本文でも書かせていただいているように、学歴を実力を元に日本から選抜し、送られている駐在さんと現地採用の格差について不満を持つ人は少ないと思います。私の周りで待遇や給料について問題視する人はいませんよ。給与に満足しているかどうかは別にしても、みなさん日本に以上にがんばっておられますので誤解がないようにお願いします。

待遇の格差は仮にオファー時と違ったからといって、通常、会社と個人の話し合いではほとんど解決しません。日系世界企業、問わずオファーレターに書いてあったり、書かなかったことでもに急に変更されるなんて、現地採用の間ではよく聞く話です。

辛口コメントさんは、前述したような問題なく平和な会社にお勤めされているようですね。具体的な差別については身ばれしてしまうので詳しくは書けませんが、
日本人として、滅私奉公でがんばっていても差別的な扱いを受けて、悔しい思いをする人、それがいやで帰国する人もいることは事実です。

おっしゃるとおり、そのような相談を受けた場合には、当事者の方々がよりよい職場に移られて活躍するのが最善だと思っております。
2014.01.15 Wed l 日僑かーちゃん. URL l 編集
No title
けっこうずるい会社もあるからね 都合の良い時だけ日本人対応を求めるし、「げんさい」だからといって、ローカルと同じように対応したり。
忙しい時だけ使い捨てにする日系企業も多いので、気をつけてください。
その辺は、現採コミュニティーをフル活用するとよくわかりますよ。
昔から変わらないのでこちらもそのつもりで付き合うほうが良いですね。 まあ雇うほうもはずれが多い(エージェント通しても) お互いさま的な部分はあります。
雇う側ですが両方の意見を聞いてると こんな感じです
まあ、3年5年で帰る人を相手してるんですから「現採」サイドも当たりはずれがすごくあるようです
基本条件は日本人相手よりもローカルアドミにネゴするほうが速いようです
長文スマソ
2014.01.16 Thu l マーボー大西. URL l 編集
マーボーさん
大西さん、コメントありがとうございます。いつもブログ拝見しております。
経営者としてお給料もらっている身のものがこのようなことを記述するのは大変僭越なのですが、
大西さんのおっしゃる通り、マレーシアで就職した日本人の方と話すとたくさんこんな話が出てきます。

そんなご相談をいただくたび、(ブログとコメントは過疎ってますが、メールで相談をかいただくことが多いです)同じ組織なのだから、いい意味でローカル、現地採用、管理職や駐在さん問わず清き流れのなかで互いの役割を果たせたらいいのにと思ってしまいます。

今度、トライアスロンやマラソンについて伺いたいので、お店にお邪魔させて下さい。よろしくお願いします!
2014.01.16 Thu l 日僑かーちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gardenia116.blog.fc2.com/tb.php/244-34144a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。